岡山 イチョウとカエデがようやく落葉 (今年は、異常気象?でね)

岡山 イチョウとカエデがようやく落葉
イチョウとカエデ 落葉.jpg
岡山地方気象台は14日、岡山市でイチョウとカエデが落葉したと発表した。イチョウの落葉は平年(12月1日)より13日ずれ込んで観測史上最も遅く、カエデ(平年同11日)は同10番目の遅さ。気温が下がりきらない日が続いたためとみられ、年の瀬が近づく中、岡山県南部を中心にまだ紅葉が楽しる所がありそうだ。
 落葉は、岡山市の後楽園にある標本木で気象台職員が確認した。平年に比べ、イチョウの黄変は4日遅い11月24日、カエデの紅葉は3日遅い12月2日だったといい「園内では今年、葉の色づきが全体的に遅かった。見頃はほぼ終わったが、一部で紅葉が残る場所がある」と後楽園事務所。
 同気象台によると、イチョウやカエデは最低気温が8度を切ると色づき始め、同5?6度以下で本格化するとされる。今年は12月に入っても岡山市の最低気温が5度を下回る日は13日現在で6日しかなく、落葉時季がずれ込んだという。
 カエデでみた各地の落葉は、高松市で平年より10日遅い12日、広島市で7日遅い14日。岡山地方気象台は「落葉時季は気候のほか、樹木の年齢や活力によって大きく異なる。15日以降も気温が高めに推移するため、木によっては色づいた葉がまだ楽しめそう」としている。
////
岡山 冬 イチョウとカエデがようやく落葉
////
高松で梅開花 観測史上2番目の早さ


高松市の特別名勝・栗林公園で14日、気象台の標本木の梅が全国で最も早く開花した。平年より37日、昨年より49日早い。気象庁によると、1997年12月13日の千葉県館山市での開花に次ぎ、観測史上2番目に早い記録という。

 高松地方気象台によると、11月以降に気温が高かったことが、開花が早まった原因という。高松市の14日の気温は最高、最低ともに平年より4度ほど高かった。

 入園者から公園観光事務所に「梅の花が咲いている」と連絡があり、気象台に伝えた。同事務所では「2日前に紅葉の落葉が確認されたばかりなのに」と驚いている。

////
2015/11/26
訪日客どっと 岡山4割増 7~9月、後楽園や倉敷が人気


岡山県は25日、7~9月に県内に宿泊した外国人旅行者数が前年同期比39.9%増の3万3444人だったと発表した。県内の33の宿泊施設が回答した。中国人が83.0%増の7632人で、国・地域別では台湾の7618人を抜いてトップになった。フランス人が49.1%増の1297人で欧米からの観光客も大幅に増加した。

 香港は4958人で、4~6月に比べて大幅に増加した。季節限定のチャーター便が運航し、岡山特産の白桃狩りなどを楽しむ人が多かったという。観光地では格付け本の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に掲載されている後楽園(岡山市)や古い街並みが残る美観地区(倉敷市)の人気が高かった。台湾人を中心に倉敷市児島地区のジーンズを買いに来る観光客も増加しているという。

 中国運輸局や県を中心に外国の旅行会社やメディアを招き、岡山の知名度を高める取り組みを進めている。民間でも表町商店街(岡山市)が免税一括カウンターを設置するなど外国人観光客の取り込みを強化している。

////
光で彩られた後楽園・岡山城の秋
/////
岡山県内 イルミネーションスポット10選+穴場 (クリスマスに向けて 年末 年始)

岡山県(10.31)でハロウィーン楽しもう(ハロウィン イベント 仮装パレードやファッションショーなど)「岡山市 倉敷市 笠岡市 新見市 備前市など」

岡山 ハロウィン パレード 岡山駅周辺 2つ ( 家族向け・子供専用(奉還町) と 大人もOK(岡山一番街))

岡山の商業施設で ハロウィーン イベント ( 岡山市の表町地区 VS JR岡山駅前地区)

////

この記事へのコメント